窓のあるホテルで

美しい肌をしている

せっかく外は晴れているのに、和歌山のような空気が美味しい、空が青い街で「窓のないホテル」を利用するのはちょっともったいない話です。
もちろん、夜に利用する分には、窓が塞がれているラブホテルを利用してデリヘルを楽しむのもいいですが、昼にデリヘルを呼ぶ場合には、やはり、陽の光を浴びながらイチャイチャするのが楽しいではありませんか。
ビジネスホテル、あるいはシティホテルは「デイユース」という形でラブホテルの「休憩」のようにお昼に利用することができます。和歌山には、デイユースが可能なビジネスホテル、シティホテルがたくさんあります。
窓があるホテルでの楽しみ方としては、たとえば女の子を責めながら「窓を開けちゃうよ?」などと、彼女の羞恥心を煽る言葉責めをしたりするのに便利です。「外から見えちゃうかもよ?」などと、耳もとで、ちょっと低い声を意識して囁いてあげるだけで、女の子は太ももの奥にある部分をしとどに濡らし、エッチな匂いを漂わせるようになります。
つまり、和歌山のビジネスホテル、シティホテルでデリヘルを利用するのは、Mオンナを責めたい男性にはうってつけの遊び方でもあるのです。
また、昼は夜よりも料金安めで案内するというデリヘルも和歌山には多いという特徴があります。また、夜には出勤できない人妻さんとかお嬢様系の若い女性なども働いているので、それらの点でも、昼の利用はオススメすることができます。そのことも考慮に入れて、楽しみましょう。